So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

雪山 [Irish Wolfhound]

ずーっと放ったらかしにしていましたが、その間に減ったり増えたりしていました。
こんなのが増えていました。
マナ、5か月。
IMG_0846.jpg



そのちびっ子を連れてお友達と一緒に大山へスノーシュートレッキングツアーに参加して来ました。

集合場所からはマイクロバスで移動。笑顔のおさる。


IMG_7157.jpg


お天気も良く、ご機嫌で歩いて埋まります。

0001DSC08953.JPG


0003DSC08958.JPG


0007DSC08965.JPG


IMG_0836.jpg








雪の上にはこんなものも。
キツネの足跡。


0002DSC08955.JPG


ウサギの足跡。


0005DSC08961.JPG


サンタと年末以来のファズ。
そしてこの辺りまではとてもご機嫌なファズ。


0004DSC08959.JPG


この後、湿って重たい雪のために手足の雪玉でしょぼぼぼん。ブーツを買って貰おうね。

この下でお昼を食べます、と言われて斜面も下ります。そしてそこでも埋まるおさる。


IMG_5660.jpg


そしてお昼ご飯は温かい雑炊とスープ
温かくて美味しかったです(^^ゞ


0008DSC08967.JPG


0009DSC08968.JPG


そしてその横でサンタママのおやつに集るおさるさん達。


0010DSC08970.JPG


ここまでで出発から約2時間ほど。
帰り道は下りなので比較的楽でした。


溝にはまってよじ登るマナ(笑)


0006DSC08962.JPG


小さい川を見つけて入っちゃダメ!と言われているおさる。
川の向こうに何かが動いていたらしく、川の向こうに飛んで行くかと一瞬思いました^^;


0011DSC08977.JPG


そして出発地点、見えた時は嬉しかった(笑)


0012DSC08979.JPG


意外にも一番元気ではしゃいでいたのがマナでした。


IMG_0343.jpg


0014DSC08984.JPG


0015DSC08985.JPG


兄ちゃ~んと戻って来ます。


0013DSC08981.JPG


そして疲れて動きが遅くなったところで記念撮影
ちびっ子はまだまだ元気なので一瞬でどこかへ行きました(笑)
サンタ、シエル、ファズ。


0016DSC08996.JPG


IMG_0841.jpg


帰りのバスの中では人間も沈没。マナも通路の真ん中で爆睡。
ガイドさんによると、歩いた距離は約2キロほどだったそうですが、そうは思えないくらい人間はヨレヨレでした^^;


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

Finland 3 [Irish Wolfhound]

ウルフハウンドまみれの3日間の後、せっかく来たのだからと観光ヘルシンキから車で約1時間の所にあるフィスカルスへ行きました。

小さな町にお店が集まっています。

0009IMG_2254.JPG

0010IMG_2259.JPG

0004DSC08735.JPG

0005DSC08736.JPG

0006DSC08739.JPG

0007DSC08740.JPG

0008DSC08741.JPG

小ぢんまりとしていて観光客も多くない静かな町でした。

翌日午後帰国するまでの間は、アアルトの事務所見学へ。

0012DSC08751.JPG

0013DSC08753.JPG


中はこんな感じ。

0014IMG_2267.JPG

0015IMG_2268.JPG


見学コースは午後からだったので見られませんでしたが、こちらは自宅。

0016IMG_2270.JPG


この日は50年ぶりとか何とかの6月にしてはとても寒い日を観測したそうで、みぞれに降られました。
朝はこんなにお天気だったのにね~


0011DSC08744.JPG


成田、中部、関空へとそれぞれ帰る先が違うので、空港でみなさんとお別れ。
関空行きはマリメッコ柄?と期待しましたが、残念隣のゲートの機体でした。

0017IMG_2272.JPG


そして関空も雨。
おさるさんはそっけないもの。
空港へ一緒に連れて行って貰えなかったことだけ、その間の留守番だけが寂しかった様で、「あ、おかえりっ、じゃっ!」とあっという間に部屋の中へ消えて行きました(笑)

確かにニャンコにしかお土産は買って来なかったけどね…

0018IMG_2275.JPG



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

Finland 2 [Irish Wolfhound]

そして3日間めがEIWCのショー。
約260頭のエントリーです。


0005DSC08659.JPG


0006DSC08660.JPG





おさるのお里のアンバーちゃん。バルトの同胎です。
チャンピオンクラスにエントリーでした。

0011IMG_2236.JPG


0007DSC08667.JPG


おさるととてもよく似ていますが、おさるのお婆ちゃんが産んだバルトの異父姉妹。
顔が似ているともじもじする所も同じかも(笑)





リングの横ではこんな子達も。
退屈しているパピー

0013IMG_2246.JPG


もう良いでしょ~っと、思いきり甘える大人女子(笑)

0012IMG_2239.JPG


朝から始まったショーも1頭1頭の審査が丁寧なので長い長い。

0008DSC08671.JPG


女子組はこんな風に決まりました。








ベビークラスのヤダモンちゃん。

0001DSC08716.JPG


モジモジしながらも最後はちゃんと決めました。

0002DSC08720.JPG


オスの2頭。

0009DSC08687.JPG


BIS

0003DSC08723.JPG


フィンランドヨーロッパの中でも外れにあるせいか、ほとんどがフィンランドからのエントリーで、他はロシア、チェコ、ハンガリー、ノルウェーオランダくらいで、Wolfhouseの犬が見られなかったのが残念でした。
華やかに活躍しているPitlochryの犬も目の前で見るとそれほど大きくもなし。
ただ一つ思った事は、クマのぬいぐるみみたいだと言う事。毛も長めにトリミングして綺麗に形を作ってありました。
そしておさるは平均的な大きさだと実感。トリミングの腕が無いからパピーみたいにツルリンと毟ってありますが、伸ばして作り込んだらぬいぐるみになるのかな~と思いました^_^;


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

Finland 1 [Irish Wolfhound]

先月になりますが、4年振りにEIWCのコングレスとショーを見に行って来ました。

0002IMG_2204.JPG


今回の行き先は、フィンランド


0001IMG_2201.JPG


残念ながらヘルシンキは雨。6日間中半分近く雨でした^_^;

1日目は夕方からコーシング。


0003DSC08604.JPG


コースは約800mあります。

0004DSC08605.JPG


早く離せとルアーに夢中。

0005DSC08606.JPG

0007DSC08631.JPG





途中でルアーを見失って帰って来ちゃった子。

0006DSC08609.JPG


他にもルアーがどこでカーブしているか見てショートカットをする子も。
途中でやめちゃった子もそのまま暴走せずに、ちゃんとオーナーさんの所へ帰る子ばかりでした。


そして翌日は、9グループと10グループのショー。

0001DSC08640.JPG


横ではプードルさんがセット中。

0002DSC08646.JPG


サルーキもいました。

0004DSC08655.JPG


あまりの寒さに写真どころではありませんでした^_^;


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

Dublin [Irish Wolfhound]

数年前から春にさよならを言っていなくなってしまう子が多くなりました。
ウリ君もバーディー君もエリンもそう。
そしてまたさよならを言ってしまった子が。

シエルのお祖父さんのダブリン君が亡くなりました。
今日4月21日の10歳誕生日を目の前にした3月22日に亡くなりました。
直前まで元気だったので突然の死だったそうです。
彼は家ではリーダーで新入りには良いお手本を示し、ショーでも若い頃からベテランになるまで華やかに活躍しました。

彼はシエルが来る一つのきっかけになった子でした。
犬を輸入したいと思った時に力になって下さった友人から、北欧の犬舎で素敵な子を見たと教えてもらい、その犬舎主の方がジャッジで来るショーがあるから一緒に行かないか?と言われてアイルランドまで行き、お会いして子犬が来ることとなりました。
その翌年、デンマークで初めてダブリン君に会いました。
大きな体で穏やかな可愛い笑顔の子でした。
シエルも何時かこんな風に穏やかな大人になってくれれば、と何時も思っていました。

毎年の様にこの時期に届く知らせ。春が嫌いになりそうです。



DSC00382.JPG

R.I.P. Dublin. I never forget you.


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

1年が過ぎました。 [Irish Wolfhound]

エリンがいなくなって今日7日で1年が経ちました。
骨肉腫と分かってから飼い主の手を煩わせる事も無く、あっという間に駆け抜けて行ってしまいました。
脱走が得意でしたが、そんな所で発揮しなくても良かったのにね。

小さくなった貴女の前でよく佇んでいたユキちゃんもそちらへ行ってしまいました。
よく怒られていたけど、もう怒られる事は無いでしょう?
アシュレイはしっかりお兄ちゃんをしています。
シエルはちょっとだけ大人になりました。





524160_424545690969964_1700485577_n.jpg


00060001P1020890.JPG


We miss you, our lovely Erin.
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

寝る子は育つ [Irish Wolfhound]

小さい時から「寝ている時は愛らしい」と褒められているおさる。
豪快な寝相は相変わらずです。


寝ている時も賑やかです。
よ~く聞くと寝息にイビキが煩いです^^;




これは何か分からない生き物となっています。
誰も「犬」とは言ってくれなかった(笑)

Ciel Kao.JPG


寝相がとても悪いので、横で寝られると蹴飛ばされたりして、とても危ないのですが、何故かりょうちゃんだけは、横で寝てくれたりします。

Ryo & Ciel.JPG


アシュレイはここ。

Ashley's bed 2.JPG


上から見るとこんな感じ。

Ashley's bed.JPG


最近は寒いので、暖かベッドだと思っている様です。

ハマるアシュレイ.JPG


でもこのベッド気を付けないと突然動くのよね~

色々な格好で寝ていますが、やっぱりおさるの普通の寝相はこれです(笑)

Ciel nezo.JPG
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

ちょっと痛かったの^^; [Irish Wolfhound]

おさるは、初めてのカイロプラクティックに行きました。

場所は何時もの馴染みのドッグカフェ。
先生が来る前に公園を少し散歩。
桜が咲くまではまだ時間があります。
何も知らないおさるは笑顔。

夙川.JPG


エリンは一度だけ施術を受けた事があります。
片腕を使えない為に歪んでしまった首を治して貰いました。
その時は痛かったらしく、それまではヨレヨレ歩いていたのが歪みが取れた途端に、「私帰る!」と入口までスタスタと歩いて行きました(笑)
それを知らないおさるは、

「ねえ、ねえ、何してもらってるの?楽しそうなんだけど。」

カイロ3.JPG


「ねえってば~、何してるの?何でピーって言ってるの???」

カイロ4.JPG


そして自分の番が。

2カイロ.JPG


おさるは、首から腰にかけて順番に歪みを取って貰いました。
飼い主が思っていた以上に歪んでいました。お尻のラインがボコボコしていたのがツルンと滑らかな曲線になりました。
子供の時の肘種があったせいで少し外に向いていた腕も少し矯正してもらいました。
骨盤の歪みを動かした時は痛かったらしく、ピーっと^^;
その後は、「おいちゃん、もっと優しく」とお願いするおさるでした(笑)

痛かったのは一瞬だけだったので、その後はいつものおさるに。
大きな体、少しづつメンテナンスして行こうね。

smile.JPG


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

ユキ [猫]

先週木曜日の早朝、ユキが息を引き取りました。
12歳3カ月でした。

去年の秋、乳腺癌が見付かり手術しました。そして約3ヶ月後に再発。再手術をしました。
去年の秋の時点では肺への転移はレントゲンでは確認できませんでした。
再手術の抜糸の際に呼吸が少し荒い事が気になり、レントゲンを撮りました。
転移が確認されました。
もうどうにもならない事、してあげられる事も無いに等しい事を告げられました。
そこから約2週間、少しづつ弱って行く彼女の側で出来るだけの時間を過ごす事を選びました。
時間を止める事は不可能でした。
してやるべきだった、するべきでなかったと言う様な後悔すら考えられません。

呼べば返事をして、いつも後ろを着いて歩く様な子でした。
何度かお産をして子猫を見せてくれました。
手元に残した娘は先に逝ってしまいましたが、息子は残っています。
とても寂しそうに今でも彼女がいた場所を探しています。
火が消えたように誰もが静かです。
立ち直るのには少し時間が掛りそうです。


img008.jpg


img002.jpg


215.JPG          
         2001.11.4-2014.2.6


ベスには会えた?


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

雪! [Irish Wolfhound]

今年もおさるの季節は雪山から始まりました。
人間12名、犬6頭が集まりました。

初対面のファズのお友達のレオンベルガーのモコちゃん。


0001DSC08237.JPG


最初はドーンと突っ込むおさるに顔が引き攣っていましたが、何をどう気に入ったのかおさるの相手をしてくれました。






おさるは女の子相手に鼻の下を伸ばしっぱなし、恰好つけてました(笑)
モコちゃん、なんて貴重な良い子、ありがとうね~

モコちゃんはバルトとも機嫌よく遊んでいました。


0001DSC08249.JPG


お天気が怪しかったこの日。午後から雨の予報だったのが雪に。それも風上に顔を向けたくないくらいの風!
小さいおさるは、駐車場に着いた時点で無理と車でお留守番。
ちーさんもちょっと歩いたら、「無理っ!!!」と仰られて、ママの服の中で丸くなっていたそうです。


0001DSC08242.JPG


それに気が付いたおさるは、ちーさんLOVEなのでコミコミプランを何度か申し込んでいましたが阻止されてました。おさるのコミコミプランは危険だものね~

おさるは吹雪いて来る中でも何故か笑顔(笑)


0001DSC08239.JPG


ちょっと雪が堅かったので動きにくそうにしていましたが、満面の笑顔を振りまいていました。
こんな凄い顔になってましたが、楽しかったらしいです。


0001DSC08264.JPG


帰りの車の中でもボーっとしたまま。
帰ってご飯を食べた後はこの通り。何故か小さく小さく丸まっていました^^;


0001DSC08268.JPG


また連れて行ってあげるからね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。